小松みつばち農場

ハチミツができるまで

安全で安心なおいしいハチミツを提供します

小松みつばち農場では、みなさんに安心で安全なおいしいハチミツを提供するため、日々試行錯誤しながら丁寧なハチミツ作りを心がけております。
元気なみつばちを育て、巣箱から採取してそのまま瓶詰めしているので、香りも栄養も豊かなハチミツが採れます。

では、ハチミツができるまでの工程をご紹介しましょう。

1.巣箱を設置
まずは、巣箱を設置します。
小松みつばち農場は秋田市内の2カ所に巣箱を置いています。

2.巣房を取り出す
巣箱から蜜が沢山つまった巣房を取り出します。ミツバチがくっついているのでハケで払います。

3.ハチミツの採取
巣房の蜜の蓄えられている巣は蜜蝋で蓋がされているので、蜜刀という包丁のようなもので蓋を切り落とし、遠心分離機で中の蜜が出るように作業します。

4.ハチミツの採取
巣房を遠心分離機にセットして回転させると、巣から蜜が流れ出します。底の取り出し口から絞ったハチミツが沢山出てきます。このはちみつを濾過して瓶詰めします。

完成
瓶詰めし、シールをはったらできあがり。
天然100%のハチミツの完成です。採れたてのハチミツは香りも栄養も最高ですヨ。

トップページ
みつばち新聞
蜂蜜ができるまで
商品
お問い合わせ

KOMATSU 38 FARM 2008 All Rights Reserved.